2009年03月30日

高遠の桜も見たいのですが…

 去年の桜の時期は飛騨一ノ宮の臥龍桜(がりゅうざくら)を初めて見ました。樹齢1100年で国の天然記念物だそうです。

 何本もの材木で支えられている姿は、まるで杖をついているおじいさんを思わせましたが、それでも満開に花を咲かせている姿は感動的で、見られてよかったと思いました。

 本当に田舎の山あいにポツンとその桜がある感じなんですよね。

 高遠の桜も見たいのですが、ちょっとアクセスが難しいのと、混むんでしょうかねえ。

 でも見たいですね。私は、大樹、古木を見るのはかなり好きです。 
posted by 夢見桜子 at 18:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

村祭りの太鼓が賑やかでした

 我が家のマンションのすぐ近くに小さな祠(ほこら)があります。そこの春祭りなのでしょうか、今日は午前中からテンポのよい太鼓の音が賑やかです。お昼休みをはさんで午後からも「トントコ、トントコ」、奉納太鼓というものでしょうか。

 私が大学に入学して郷里を離れた後、郷里の祖母がときどき葉書や手紙をくれていました。

 ある時その便りの中に「今日は当地の村祭りです。」とあった一文を思い出しました。祖父母の家は、海も近い山村にあり、小さい頃遊びに行っては、裏山探検したり、庭一面のつつじの花の蜜を吸ってみたりなどしていたのです。行くといつもご馳走でもてなしてくれました。

 祖母は今でも存命で今年の誕生日で96才。ただ、もう意思の疎通はできません。

 私はときどき祖父母のことを思い出すと泣けてくるのです。懐かしい思い出をたくさん作ってもらったことを感謝しています。 
posted by 夢見桜子 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

ダウンコートをクリーニングに出しました

 今日は寒いですね。

 ちょっと前に近所のクリーニング屋さんのチラシが入っていて、「ダウンコートのクリーニングが3月28日まで半額」とあったのをチェック、出そうと思っていたのですが、今日は寒くてまだダウンコートを着て出かけたいような…。
 
 だめもとでと思って、そのクリーニング屋さんに電話して(かまととです)「セールいつまでですか?」と尋ねると、やはり広告どおり。迷いましたが、通常2500円のクリーニングが半額になる魅力に軍配が上がり、薄手のコートをはおってクリーニング屋さんに出かけました。(ちなみに私は今、車は持っていません。)
 
 寒さもさほどでもなく、久しぶりに歩いた道沿いで、クロッカスやスイセンの花がたくさん咲いているのを見かけて、やっぱり春なんだなあと実感しました。
posted by 夢見桜子 at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。