2009年05月23日

茶室の障子貼りをしました

 久しぶりに障子貼りをしました。しかも茶室の。茶室の障子貼り、もう一生やることはないかもしれません。

 この茶室、祖母が建てたもので、私が中学生くらいの頃、茶室ができたお披露目のお茶会に出たのは覚えていますが、後は何回使ったものか…。

 祖母は80代になっても皆から感謝される仕事を現役で続けていた職業人でした。若いころから茶道・華道も続けており、仕事が忙しかったので極めることはできなかったようですが、それでも師範の免状くらいは取ったようです。

 この茶室は、祖父母がいつも頼んでいた大工さんが高齢になり、最後の仕事として是非茶室を作らせてほしいと言われて依頼したもので、その大工さんには実際のところ最後の大仕事になりました。

 茶室の中で使う行燈(あんどん)なども、祖母は気に入ったものを見つけるためにかなり苦労して探したらしいです。

 何回使ったかわからぬその茶室ですが、祖父が存命中は障子の貼り替えなどもして手入れしていたようですが、祖父が他界し祖母も施設で暮らす今、放ったらかしになっていました。

 ところが田舎のことですから、家人のいないその茶室を外から見学して感想まで言ってくださった方がおられたものですから、やはりあの破れ障子はまずいだろうと急遽貼り替えることになり、私が出動しました。

 日当たりがよいところですし、滅多に貼り替えできないので丈夫な障子をと、水拭きもできるビニールコーティングしてある障子にしました。

 まず桟(さん)全体に細い両面テープを貼ってその上に障子紙を載せるのですが、両面テープを桟に貼るのが思った以上に神経を使う作業です。それにこの両面テープの粘着力の強いこと強いこと。障子紙を貼り損ねて貼り直すのに剥がそうとすると、テープも一緒にとれてきて全部やり直しになってしまいます。

 ですからコツの一つは、桟に両面テープを貼る前に、最初に障子紙の位置決めをしたら、その位置がずれないように超強力なガムテープでしっかり押さえておくことだとわかりました。やわなテープで押さえていると、いざ張るときにずれてしまって上記のように全部やり直しになります。

 それと障子戸を廊下に寝かせて、床に這いつくばって数時間作業していたら、後で脚の付け根や太ももが相当な筋肉痛になりました。やはり障子戸をどこかに立てかけて作業したほうがよかったようです。

 一枚貼って、二枚貼ってとだんだんコツがわかってきてようやく慣れてきた頃に終わりました。

 ミスをごまかしたところもあったけれど、一応ピンと貼られた障子を見ると気分爽快でした。
ラベル:障子貼り
posted by 夢見桜子 at 00:00| 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。